コバヤシタク ゛art works゛

shikke




tokage.jpg



本当に湿度が高く生ぬるい日に外を歩くと



なんだか水の中にいるような感覚になるときがある。






自分の体から出る熱の発散や皮膚呼吸が 水の膜のせいでいちじるしく滞り



重たく湿った空気は、水の中を動くときのように確かな抵抗を感じる



心なしか耳が遠くなる。








少し孤独な感じもするけど



体の内側の活動を いつもよりしっかり感じるせいか そうでもないかな。









化石というのは陸の生き物であっても



何かしらの原因で水の中に落ちてしまったものが死んで 水底の堆積物に埋まり化石になったケースが多いそうだ



陸で死ぬと様々な要因で骨まで分解され、何も残らないから。












水の中で最後を迎えた感覚のまま、その先何億年とカラカラの石の姿で眠っている。











寂しいだろうか











いや きっとそうでもないな











何かに包まれているような あの感覚の中でなら












スポンサーサイト

« ざっくりお知らせ|Top|海の中は鍋の中 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kobayashitaku.blog116.fc2.com/tb.php/58-0bff41a6

Top

HOME

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

kobayashitaku

Author:kobayashitaku
.
京都で絵を描いてます。

http://instagram.com/ruri_boshi/


Eメール
sakayachieriki6269@yahoo.co.jp

この人とブロともになる

QR