コバヤシタク ゛art works゛

暑さ寒さも彼岸まで



hioshi2.jpg


小学校は夏休みのキャンプや海、中学校は部活、高校は文化祭の準備など、


夏といえば 青春の真っ只中なことが目白押しな季節だった。今はそうでもないけど昔ほど特にね◎



夏の終わりごろ、学校はもう始まったけど まだまだ暑くて、夏が続いてる気分のままな9月中頃。



秋が急に訪れる。 本当に急に。




なんだか夏が終わってしまうのがとても切なくて、ふとあの言葉を思い出す




「 暑 さ 寒 さ も 彼 岸 ま で 」   





確かに毎年彼岸の頃を過ぎると 急に秋が来る気がした。




その頃になると 突然何もないところから、アスパラガスのような芽がニョキニョキと何の脈絡もなく


地面から生えてきて、葉っぱすらつけることなく、いっせいに茜色の およそ日本の野草離れした花を咲かす。




少し市街地から離れた田園地帯などに行くと、畔や休耕田などにおびただしい数が咲いていたりする彼岸花。


様々な謂れをもつこの花は、あまり縁起のいい花ではなく、球根に毒をもっている。





道端でオシバナの様になってなお、独特の存在感をもつこの花は 一人称の存在感。





植物というより、キノコや霜柱のような 季節を告げる地の化生に思えてならない。





時々ある 白花の彼岸花は特にね。





とても好きな花のひとつ







スポンサーサイト

« 鴨川へと抜ける道|Top|呼吸すること2  その3 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kobayashitaku.blog116.fc2.com/tb.php/83-7b549828

Top

HOME

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

kobayashitaku

Author:kobayashitaku
.
京都で絵を描いてます。

http://instagram.com/ruri_boshi/


Eメール
sakayachieriki6269@yahoo.co.jp

この人とブロともになる

QR